トピックス

HOME » トピックス » 製品について » この記事

将棋ロボット「電王手くん」で、駒の画像認識を担当しました。

2014年3月15日から4月12日の日程で開催されている「第3回 将棋電王戦」(主催:株式会社ドワンゴ 公益社団法人日本将棋連盟)において、コンピュータ側の代打ちを務める株式会社デンソーウェーブの将棋ロボット「電王手くん」。

電王手くん

ロボットアーム先端の吸盤で、将棋駒の決まった箇所を吸着して移動させますが、将棋盤のマス目に対し、駒の位置は毎回一定ではありません。

松浦電弘社はロボットアーム先端のカメラとLabVIEWを用いて、駒の正確な座標を認識する画像処理ソフトウェアの製作を担当しました。

第3回 将棋電王戦 HUMAN VS COMPUTER | ニコニコ動画
http://ex.nicovideo.jp/denou/3rd/

第3回将棋電王戦将棋界初!ロボットアームを全対局に採用~新たな協賛企業デンソーが開発~|デンソー
https://www.denso.co.jp/ja/news/newsreleases/2014/140312-01.html

↑ ページの先頭にもどる