トピックス

HOME » トピックス » この記事

「日本NIグラフィカルシステム開発コンテスト2014」で優秀賞を受賞しました

 グラフィカルシステム開発コンテスト2014の審査の結果、KURAMA-mシステムがシステムインテグレーション部門で優秀賞を受賞しました。

 グラフィカルシステム開発コンテストは、ナショナルインスツルメンツ(NI)製のソフトウェア・ハードウェアを使用したアプリケーションを、全国のユーザより募り、技術、コスト、革新性等の面から審査するコンテストです。

 KURAMA-mは、生活圏における空間線量率を、歩行により効率的に計測、記録するシステムです。小規模な機器構成により、測定者一名のみで歩行による放射線量の計測ができます。最大3個までの放射線量検出器と高精度DGPSを用いることにより、放射線量と位置情報を関係付けて測定、記録できます。
 (本製品の製造、販売は京都大学原子炉実験所、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社のご協力をいただいております)

詳しくは下記サイトをご覧ください。

システムインテグレーション部門 優秀賞
タイトル「歩行型放射線量自動計測システム KURAMA-m」
URL: http://sine.ni.com/cs/app/doc/p/id/cs-16355

担当:安岡忠明

↑ ページの先頭にもどる