製品紹介

HOME » 製品紹介 » 2.画像処理テスター関連

2.画像処理テスター関連

光切断による三次元計測

型式:

概要

ライン状のレーザ光源を検査ワークに照射し、その反射光を高さデータ(プロファイル)として
取得するのが、「光切断法」です。
ワークとの距離は三角測量に基づいて測定します。検査時にはワークを移動させることで、
検査ワーク全体の計測を行い、3次元形状を取得します。
2次元カメラとは異なり、測定した高さデータにより外観形状を検査するため、
背景と検査対象にコントラストが無くても高精度に検査が可能です。

特徴

        • ワークの光沢や色の影響に強い
        • 高さデータを取得可能

 

↑ ページの先頭にもどる